増毛と植毛は何が違う?薄毛を増やす5つの方法についてご紹介します

近年男女問わず問題になりつつある薄毛ですが、この対策法には増毛と植毛の2つが代表的な方法として挙げられるでしょう。
しかしいざ増毛や植毛と聞いても具体的にどのような方法かをイメージできる方は少ないと思います。
またかつらなどのイメージが多く、偏った知識を持っている方もいるでしょう。

そこで今回は増毛と植毛の違いについて、そして薄毛改善にお勧めな5つの方法についてご紹介しましょう。

まず最初に増毛と植毛の違いについて確認していきます。
増毛と植毛はほとんどの方が同じだと誤解しがちですが、薄毛の改善が目的な点以外は方法が全く違います。

というのも例えば増毛の場合主に薄毛の改善、また他人へ自然なヘアメイクの外観を重要視した方法です。
しかし植毛の場合は薄毛の根本的な解決を目的とし、短時間での薄毛の改善は余り期待できません。

これは増毛と呼ばれる方法の場合、ほとんどが自分の今ある髪の毛に何らかの細工をして見た目を整える為ですね。
その為いわゆるウィッグやかつらなどは増毛に該当し、短時間である程度の成果を得ることができます。

ところが植毛の場合は自分の毛や人工の毛を直接頭皮に植えるため頭皮に毛根がなじむことはっもちろん、手術をする為費用が結構掛かります。
しかし毛根がなじむ、または成長するため長いスパンで薄毛自体を解決する期待が持てるでしょう。

では実際にどの様な方法があるのか、まずは5つほどご紹介します。

まず最初に増毛からですが、増毛の場合は結毛式増毛法編み込み式増毛法接着式増毛法の3つが存在します。
これらの方法はいずれも人工の毛を使用する場合が多く短時間かつそこそこの費用である程度の効果が見込めるでしょう。
また施術自体も頭皮や髪の毛をいじるのではなく、あくまで細工程度のため後遺症や安静にする必要もありません。

薄毛の見た目をとにかく何とかしたい、手術は嫌だけど見た目を取り繕いたいと思う方にはぴったりですね。

そして植毛の場合は地毛植毛人工植毛の2つが存在します。
この植毛の場合はいずれも自分の頭皮に地毛あるいは人工の毛を植えるため、長いスパンを必要とします。
また手術のため予約や施術時間、また比較的高いコストが必要になるでしょう。

しかしこれらを超えるメリットとして、非常に自然な仕上がりが期待できます。
特に地毛植毛の場合、ほとんどの方が植毛後に髪の毛が定着、成長し薄毛自体の根本的な解決を体感しています。

費用がある程度かかっても薄毛に悩まされたくない、そんな方には非常にお勧めの方法ですね。

この様な増毛、植毛の方法がありますが自分はいまどのような目的で薄毛を改善したいか、この点が薄毛対策のヒントにもなります。
自分の頭皮環境、髪の毛の様子を見てじっくり選ぶことが大切ですね。

 

おススメ・増毛&植毛クリニック



TOMクリニック美容外科



触られてもわからないアデランスの新感覚増毛法。無料お試し体験実施中!



一度の手術で7000本のメガ植毛が可能



自毛植毛ならアスク井上クリニックへ