さすまた:防犯の最前線で活躍する伝統的ツール

さすまたとは?

さすまたは、日本の歴史ある防犯グッズで、長さ2~3メートルの柄の先にU字型の金具を備えた護身用具です。この伝統的な道具は、江戸時代の捕物や消防にも用いられてきましたが、今日では学校や店舗の安全対策にも役立てられています。

なぜさすまたなのか?

さすまたの主な目的は「時間稼ぎ」です。不審者や侵入者が発生した際に、警察が到着するまでの貴重な時間を確保するために使用されます。その有効性から、都内公立学校の80%に配備されているほど、信頼されている防犯ツールの一つです。

さすまたの種類と進化

従来のさすまたは金属製でしたが、最近では軽量タイプや防犯診断付きの製品が登場し、より使いやすく、また効果的な防犯対策が可能となっています。軽量化されたことで、女性や高齢者でも扱いやすくなりました。

さすまたの正しい使い方

さすまたを効果的に使用するには、以下の4つのポイントを押さえることが重要です。

  1. 胴押さえ・袈裟押さえ・足押さえの3つの基本動作:これらは、侵入者の動きを制限するための基本的な技術です。
  2. 複数人での使用:さすまたは複数人で使用することで、侵入者に対する威嚇効果が高まり、安全に対応することができます。
  3. 保管場所の共有:緊急時にすぐに取り出せるよう、全員で保管場所を共有しておくことが重要です。
  4. 定期的な訓練:さすまたの効果的な使用法を身につけるためには、定期的な訓練が不可欠です。

参照記事:https://www.alsok.co.jp/person/recommend/1008/

 2,763 total views,  1 views today

More From Author

+ There are no comments

Add yours