転職サイトを利用すると、スカウトメールが来ることもあります。登録したユーザーの情報をチェックした企業の担当者が、欲しいと思った人材に声をかけて仕事を紹介しようとするのです。その内定率は、果たして高いのでしょうか。
一般的な転職サイトには、オファーまたはスカウトという方式が採用されています。企業からのスカウトメールは、名前にある通りスカウトに該当します。そしてスカウトには複数の種類があり、登録してからすぐにメールが来た場合は自動送信でしょう。
転職サイトに登録するためには、希望する職種や勤務地などの情報を入力する必要があります。希望の職種を選ぶことで、コンピューターがそれを識別するのです。
そのため登録後に定期的にメールが来る場合もあるのですが、企業の担当者から直接スカウトされたわけではありません。転職サイトのスタッフが希望者の条件に合わせて、仕事を紹介する形でスカウトすることもあります。
コンピューターで自動的に識別されるわけではないため、内定率は少しだけ高いと言われています。スタッフが特定の業界のプロであるとは限りませんが、スカウトの内容に興味があればチェックすると良いです。
内定率が高いと言われているのは、企業の担当者からのスカウトメールです。コンピューターの自動識別でもスタッフからの間接的な紹介でもなく、企業の担当者から直接スカウトされる場合です。
スカウトメールの内容をチェックして良いと思えるものであれば、大きなチャンスと思って受けることをおすすめします。企業の求人に対して希望者が殺到した場合、担当者はそれだけ多くの人のことを見なければなりません。
一人ひとりのために充てられる時間には限りがあり、面接のためにスケジュールを調整する必要があります。そのため企業は書類選考を行い、落とそうとするのです。
しかし直接スカウトがあった場合、書類選考はありません。スカウトの時点で担当者は希望者を高く評価し、採用に対して前向きと言えるためです。
いきなり面接や筆記試験から受けることができ、最初から書類選考に合格した状態と言えます。その分内定率が高いため、直接的なスカウトメールが来たという人は自信を持ってください。
以上の通りスカウトメールの中でも企業の担当者から直接来たものは内定率が高く、それだけで大きなチャンスがあると思ってください。登録時の内容が大きく左右するため、アピールポイントがあれば積極的に書いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。