• 火. 5月 11th, 2021

通貨単位って何?FX初心者は通貨単位が小さい口座がおすすめ

FX初心者が必ず覚えておきたいことがあります。その1つが取引通貨単位と呼ばれるものです。
初心者は取引通貨単位が少ない会社を選んだ方がいいと言われているのですが、その理由はいったいどこにあるのでしょうか。ここでは取引通貨単位についてしっかり解説していきます。
FXの取引を説明する時には、よく1米ドルを購入していう表現が使われています。これは分かりやすいからであって、実は実際の取引においては1米ドル単位で購入することは、一部を除いてできません。
なぜならまとめ売り、まとめ買いというのがFXの基本だからです。このまとめ買い、まとめ売りをする時にいくらなのかを示したものが取引通貨単位と呼ばれています。
一昔前まではFXと言えば、1万通貨単位がほとんどでした。つまり米ドルで言えば、最低でも取引をするのが1万ドルの単位になります。
仮に1米ドルが100円だとすると、100万円の資金が必要な計算です。ただ当時はFX取引におけるレバレッジが、現在よりも高い倍率で取引することができたのです。
仮にレバレッジが100倍であったとすると、1万円の資金があれば100万円の取引ができました。しかし近年では法律によって25倍までと上限がかかりましたので、4万円の資金があれば投資が可能となります。
1000通貨単位で提供する会社もでてきました。
さらに少数ではありますが、100通貨単位、1通貨単位で購入できるという会社もあります。基本的に初心者は取引通貨単位が少ない方がいいとされるのは、トレードになれるという意味合いもあるのです。
例えば1通貨単位で売買取引ができるのなら、米ドルで言えば最低100円前後で取引が可能となります。そのため初心者でも損失を出したとしても、そこまで痛くありません。
しかし1万通貨単位となると、いきなり額が100万円となってしまうので、初心者にはおすすめできないという話です。
FX取引における取引通貨単位について解説しました。取引通貨単位とは各FX会社が設定するもので、最低いくらから売買できるのかを定めたものです。
一般的には1万通貨単位ですが、最近では1000通貨単位、100通貨単位もあります。初心者は資金的な負担が少なくなる、取引通貨単位が低い会社を選ぶのが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。