• 火. 5月 11th, 2021

FX利用者が複数口座を開設するのは当たり前?複数口座のメリットとデメリット

FXを行う時には複数の口座を持っていた方がいいとされます。この話は本当のことなのでしょうか。ここでは複数の口座を持つことのメリットとデメリットを紹介していきます。
では最初にメリットから紹介します。最も大きいメリットとしては、トレードごとに業者を選べる点です。そもそもの話ですがFX会社というのは、それぞれで提供しているサービスが異なります。
そのため自分のトレード方法に合わせて、有利なFX会社を選ぶことが重要になるのです。例えば少額の資金で投資をしたいのなら、最低取引単位が小さいところを選ぶといいでしょう。
他にもスプレッドの大きさであったり、使いやすいツールがあるのかなどなど多くの違いがあります。他にも取扱のある通貨ペアなどにも違いがあるのです。FXを始めた当初は1つの口座で取引をするのでも問題ありません。
しかし取引になれてくると、安定して利益がだせる長期投資を行いつつ、利益を出しやすい短期投資を行う人もでてきます。こうした時に長期投資をするのに向いた口座を使い、別の短期投資期に向いた口座で取引をするのです。
その結果として手数料などを大きく節約できます。意外とFXでは手数料も大きな問題ですので、複数口座を持つことに意味がでてくるのです。またシンプルに資金管理がしやすいのもメリットでしょう。
では反対にデメリットを考えてみます。最も大きいのは資金を分散させることになるため、多くの資金が必要となる点です。ある意味ではリスクを分散できるのでメリットとも言えるのですが、反面で資金が乏しい人だと問題になってきます。
確定申告をする時に、この計算を間違ってしまうのは致命的なミスになるかもしれません。
また口座を複数開設すると言うことは、それと同じ数だけFX会社と契約することでもあります。各FX会社からお知らせのメールなどが届くことになるので、数が増えれば面倒に思うかもしれません。
ただ迷惑メールとして、すべてを無視してしまうのもよくありません。重要なメールが届くこともあるためです。
FXの取引口座を複数持つことのメリットとデメリットでした。メリットは各FX会社の特徴を活かしてトレード手法別に、口座を使える点につきます。反対にデメリットとしては、資金が多く必要になることや税金の申告が面倒になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。