• 木. 5月 13th, 2021

スワップポイント運用って何?売りスワップが安い口座の特徴

スワップポイント運用です。初心者の人からすると、スワップポイントの意味がわからないという人も多いでしょう。そこでスワップを使った取引について、詳しくみていきます。
そもそもスワップポイントとは、いったい何なのでしょうか。FXは2国間の為替相場を使った投資方法になります。この時に注目したいのが、その通貨における政策金利です。
金利が低い国の通貨で高い国の通貨を購入した場合、差額となる金利差が発生します。この金利差のことをスワップポイントと呼ぶのです。現在日本の政策金利は0.1%となっています。
これは他国と比較してもかなり数字であるため、基本的に日本円で他国の通貨を購入した場合は、金利差でプラスになるのです。反対に他国の通貨で日本円を購入した場合はどうでしょうか。
これは先ほどとは逆で、金利の高い国の通貨を使って、低い通貨を購入することになります。この場合は金利差でマイナスが発生してしまうことになるため、逆に所有しているとお金を支払わないといけません。
ちなみにスワップポイントは毎日発生するものです。所有している金額に差額金利分をかけたものが、1日の収入とできます。つまり安定した金利の国の通貨であれば、保有しているだけでお金が発生する仕組みなのです。
ただしスワップポイントは、そこまで大きく儲けることができません。リスクとしては低いですが稼げる額も低いため、ローリスクローリターンな運用方法だと言えるでしょう。
稼ぐためにはどうしても多額の資金が必要となってくるものですので、手持ちの資金がある程度あるのなら初心者にもおすすめです。
反対に手持ち資金が少ない場合、スワップポイントを使って稼ぐのはかなり難しくなってしまいます。ちなみにこのスワップポイントですが、FX会社によって異なります。
そのため取引をする会社を選ぶ必要があります。できるだけ買いスワップと売りスワップが同じように設定されていると、取引がしやすくなるでしょう。ただスワップポイントが低いFX会社は、手数料が高めに設定されているケースも多いです。
基本的には長期保有にて安定した利益を出すのが、スワップの目的となるので、さほど取引の回数は増えません。しかし高金利な通貨はそれだけリスクが高い裏返しでもありますので、いざという時のこともしっかりと考えておく必要があります。
スワップポイントの運用についてでした。スワップポイントとは2国間の通貨における政策金利の差のことで、金利の低い通貨で高い通貨を購入すると金利の差額分のお金が支払われます。これを利用して長期的に運用することで、安定した収入が入ることになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。