• 金. 5月 14th, 2021

放送50周年の日本テレビ『笑点』は若者からお年寄りまで幅広い視聴者で大人気

Bysanchinpin

6月 12, 2016
ビートたけしも猛批判・『笑点』利権まみれの黒い舞台裏.jpg

今年で放送50周年を迎えた日本テレビ『笑点』は若者からお年寄りまでの幅広い視聴者で人気がある。

最近は人気お笑い・漫才芸人も前座(?)で出演させて、若年層への配慮も忘れていない。

そのためか、5代目司会を務めた桂歌丸が勇退後の新体制でも高視聴率を継続している。

さて、今回のニュースでは、お笑い界の重鎮・ビートたけしがその番組制作について批判している。

アドリブがない、脚本家のスジ書き通りというのが、彼の批判の根拠である。

昔はビートたけしもそうではなかったと思うが、現在はアドリブ重視とみられる。

所詮、お笑い、落語、漫才はもともと、スジ書きをしっかり準備して、お客の前で演ずるもの。

よって、現状の『笑点』の番組制作方法に問題はないと考える。