• 日. 5月 9th, 2021

サロンで使用する脱毛器のIPLとSSCは何が違う?各特徴について

脱毛サロンで使用する脱毛機器は、IPL方式とSSC方式の2種類が主流となっています。どちらも脱毛に効果はあるのですが、毛根に対するアプローチや、脱毛方法も異なるので施術前にどの方式にするべきかある程度検討を付けなくてはなりません。
IPL方式とSSC方式の2つは何が異なっているのか、特徴は何であるのかを見ていきましょう。
脱毛エステは主に光脱毛、別称フラッシュ脱毛を使用して行われ、その中でもIPL方式とSSC方式が一般的に取り扱われています。
どちらも弱い光を数度当てていく方法は変わらないのですが、効果や作用が異なるので説明していきます。始めにIPL方式では、光をメラニンに反応させて脱毛を図っていくものです。
具体的に言うと、複数の波長の光を照射することで肌の奥まで届かせることができ、毛のメラニン色素に働きかけて毛根を弱らせる構造になっています。そのため、より太い毛や濃い毛に反応しやすいので、脇や足などの脱毛には最適であると言われています。
また、以前はジェルを付けて施術していたのが、最近では照射ヘッドにあらかじめ冷却装置が施されている機器もあり、素肌のまま脱毛することが可能になってきました。
またIPL方式は、細い毛や産毛などには効果があまり出ないとも指摘されていて、そのような細かい部分を処理したい場合にはSSC方式の脱毛がおススメです。

SSC方式で使用される光はメラニンに反応するわけでは無く、ジェルと一緒に使うことで効果を発揮します。ジェルの中には抑毛成分が含まれていて、光を照射することでその成分を毛穴に浸透させるのです。
ジェルありきの脱毛方法ではありますが、これには冷却効果と共に肌を整える目的でも使用されています。ですので、脱毛しながら肌を保湿することができ、美肌効果も望めるのです。
直接的に毛穴に働きかけることも無いので、痛みなどは非常に少なく、肌に優しい方式ではあります。しかしながら、IPL方式とは異なって効果が出るのに時間がかかることも念頭に置かなければなりません。
抑毛効果のあるジェルは急激に毛を脱毛させるものでは無く、少しずつ毛を薄くして自然に抜け落ちていくことを促すという方式です。目に見える実感というものは遅めであると覚えておいてください。
IPL方式もSSC方式もそれぞれに特徴と利点があることが分かって頂けたかと思います。同時に、双方共に弱点があるので、何を優先して施術したいのかをしっかり考えて臨むと良いでしょう。自分の肌質も含めて、どの方法で脱毛するのか選択してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。