• 金. 5月 14th, 2021

日焼けをした肌は脱毛サロンに通えないの?脱毛と日焼けの関係

脱毛のためにサロンに赴くと、日焼けの肌には施術は行えないこと、施術期間は極力肌を焼かない、という注意事項が言い渡されます。
脱毛の注意点として良く聞く事柄ですが、明確な理由を知っている人は多くありません。脱毛と日焼けの関係や日焼けした場合サロンに通えないのか、という疑問について見ていきましょう。
日焼けが脱毛に良くないのは、大きく分けて3つの理由が存在しています。まず、脱毛効果が減少してしまうことが挙げられ、次に脱毛中に痛みを感じやすくなってしまうのです。
3つ目の理由は肌トラブルにつながってしまう可能性があり、以上の3点によって脱毛前、あるいは脱毛中は日焼けに対して過敏にならなければなりません。エステに導入されている光脱毛は、毛根などの黒色に反応する光を使用しています。
日焼けして黒くなってしまった肌では効果が分散されて、照射しても脱毛の実感を得ることが難しくなってしまうのです。より痛みを感じやすくなってしまうのは、日焼けによって肌が傷付いてしまっていることが原因になります。
日焼けとは肌が軽い火傷を負った状態のことを言うので、光の照射熱がそこに加わることでいつも以上に痛みを感じやすくなってしまうとありました。

そして最後の肌トラブルは、正直一番リスクが高いと言っても過言ではありません。脱毛は多かれ少なかれ肌にダメージを与える行為です。日焼けして荒れた肌に追い打ちをかけるように光を当ててしまうと、さらに肌は荒れて乾燥し、後々シミやシワの原因になってしまうこともあります。
以上の理由から、脱毛サロンでは日焼けに対して特に注意喚起をしているのです。それでも肌を焼いてしまった場合には、最悪施術を断られてしまうこともあると指摘されていました。
このような場合は日焼けのダメージから肌が回復するまで待つ他なく、もともと施術に長い期間を要するものが、さらに時間をかけてしまうことになります。
また、いつ復帰できるかも時期によって異なるようで、長いと3ヶ月ほど肌に手を加えることができません。月額制でサロンに登録している場合は、より損していることになるでしょう。
脱毛中に日焼けをしてはいけない理由が分かって頂けたかと思います。自分は大丈夫だと思っても、無理をして後々後悔してしまう羽目になるので、紫外線予防とケアはしっかり行ってください。始めのうちは面倒臭く、大変かもしれませんが、美しい肌を手に入れるために頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。