• 金. 5月 14th, 2021

「この人が死んだら楽になる」警察官、上司を射殺し逃亡する!!

Bysanchinpin

2月 3, 2019

昨年4月、まさかこんな事件が起こるのか。

警察官が上司を射殺し逃亡するという世も末という事件。

ついこの間、ある青年が警察官の拳銃を奪い、射殺して逃走する事件があったばかりである。

今度は、警察官の巡査が加害者である。

b66fcee5.jpg

起訴状では、元巡査は昨年4月11日午後7時47分頃、彦根署河瀬駅前交番で、井本 光 あきら巡査部長(事件後、警部に昇任)の後頭部と背中を拳銃で撃って殺害し、拳銃を持ったままパトカーで逃走したとされる。

井本巡査部長から書類の訂正などで再三の指導を受け、怒りや 鬱憤 うっぷんを募らせて自尊心も傷付けられたとし、事件当日も「行方不明届の作成ができないことを叱責され、殺害を決意した」と述べた。

 弁護側は元巡査が何度も指導を受けるうちに自分は仕事ができず、無価値な人間だと考えるようになったと主張。事件当日は「この人が死んだら楽になると考え、行動をコントロールできなくなった」とした。

ココで、今大ヒット中のクイーン「ボヘミアン・ラプソディー」(Bohemian Rhapsody)の歌詞にも、似たようなくだりがある。

ママ、人を殺してしまった
彼の頭に銃を突き付けて
引き金を引いた、そしたら彼は死んだ
ママ、人生は始まったばかり
なのに今僕はやってしまって全てを放り投げてしまった
ママ、ううう
あなたを泣かせるつもりじゃなかった
もし僕が明日のこのときに戻らなくても
やっていって、やっていって、何んにも問題ないように

Mama,just killed a man,
Put a gun against his head,
Pulled my trigger,now hes dead,
Mama,life had just begun,
But now Ive gone and thrown it all away-
Mama ooo,
Didnt mean to make you cry-
If Im not back again this time tomorrow-
Carry on,carry on,as if nothing really matters-

クイーン「ボヘミアン・ラプソディー」(意訳)一部引用

http://www.magictrain.biz/wp/blog/2018/06/04/%E3%83%9C%E3%83%98%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%EF%BC%88%E6%AD%8C%E8%A9%9E%E5%92%8C%E8%A8%B3%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%91%B3/

クイーン「ボヘミアン・ラプソディー」の歌詞の中には、その殺人の理由なりいきさつは書かれていない。

元巡査は、「この人が死んだら楽になると考え、行動をコントロールできなくなった」としているが、

これは、怒りもしくは感情コントロール失敗の最悪のケースである。

怒りの感情に対しては、「一度深呼吸をする」とか対処法がある。

暴力や手を出したら、その方が負け。

「このハゲ~」のような言葉の暴力、ハラスメントもあるが

相手は、自分の鏡、

スーパーボランティア”の尾畠春夫さんのように「相手の嫌がることは言わない」ほどのことはできないにないにしろ

お互いが、相手を尊重することを、考えなければならないのだろう。