転職の形態にも様々なものがあり、正社員かパートかで悩んでいる主婦もいるのではないでしょうか。主婦が転職活動を行う場合、正社員とパートのどちらを選べば良いのでしょうか。
産後であっても子どもがまだ小さい場合、正社員として働くことに抵抗を感じる主婦もいるかもしれません。旦那が専業主夫であれば話は別ですが、共働きの場合子どもと接する時間は必然的に限られます。
正社員として働くよりもパートの方が都合が良いのであれば、パートへの転職をおすすめします。主婦がパートでも旦那が正社員であり何とか生活できるレベルであれば、無理をして正社員を目指す必要はないかもしれません。
正社員として働く場合、フルタイムで仕事をすることが基本です。パートはシフトの希望を出すことが基本であり、勤務時間は正社員よりも短いでしょう。業種や業界によってはパートでも忙しいですが、正社員よりは負担は少ないと言われています。
また未だに正社員だから残業があっても当然だ、という考えが強い企業もあります。残業が長くなれば家族との時間も減ってしまうため、パートへの転職の方がハードルが低いと言えます。
キャリアウーマン思考の強い主婦もいます。女性を支援するための転職サービスもあるため、産後でもスキルや経験があれば正社員として新しいキャリアをスタートさせられる場合もあります。
家庭や子どもの問題は旦那と相談し、正社員を目指して転職することは悪くありません。給料の多さで考えると、正社員の方が有利です。パートでは時給が1,000円以下の場合もあり、働いた分しかもらえません。
用事や体調不良で休んでしまった日があれば、その分だけ稼ぎが少なくなります。正社員であれば各種手当てや賞与などもあるため、忙しい分期待できるリターンが大きいのです。
仕事に対するモチベーションの高さだけではなく、将来のために多くのお金を稼ぎたい主婦は本格的な面接対策を行ってください。転職エージェントに相談すれば、無料で対応してもらえます。
以上の通り正社員とパートのどちらが良いかについてですが、無理をしたくないのであればパートの方をおすすめします。しかし女性として社会で活躍したいのであれば正社員を目指し、キャリアウーマンとして激しい日々を楽しむのも良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。