増毛や植毛はプロペシアなどの内服の薬やサプリを飲みながら出来るのか?

薄毛の悩みを解消するために、プロペシアといったAGA治療薬のほか、抜け毛予防に適した育毛サプリなどを服用するケースは珍しくありません。
こうした薄毛の投薬治療に限らず、増毛や植毛も薄毛治療に活用したいのであれば、投薬治療を続けながら増毛や植毛を実践できるのでしょうか?

薄毛治療の最も一般的な治療方法として認知されているのが、将来に備えた薄毛の予防も目指せる投薬治療です。
投薬治療で使われる薬においては、脱毛の進行を抑制するタイプの薬と発毛を促すタイプの薬が存在します。

脱毛の進行を抑制する代表的な飲み薬には、プロペシアやプロペシアのジェネリックに加えて、アボルブやザガーロが当てはまります。

発毛を促す主な飲み薬はミノタブになりますが、いずれにしても投薬治療では半永久的な継続を要するので注意しなければいけません。

投薬治療が力を発揮するまで1年程度かかりますし、投薬治療をやめてしまうと再び薄毛が進行する恐れがあります。

薄毛の原因がAGAの場合にはそもそも完治を見込めませんから、AGA治療薬の服用を中止すると抜け毛が始まりかねません。
AGA治療薬のプロペシアは薬効が24時間に限られるため、プロペシアの服用をやめた翌日には少しずつ抜け毛が積み重なっていきます。
もちろんAGA治療薬を服用していても効果を得られない場合や、皮膚疾患などの副作用が現れる場合なども見られます。

AGA治療薬は誰であっても常に服用できるわけではありませんが、AGAは投薬治療の継続が欠かせない薄毛の原因になっています。

AGAでは半永久的な投薬治療を要するものの、加齢にあわせて薄毛を気にしなくなり、AGA治療薬の服用をやめるケースは少なくありません。
AGA治療薬などを飲みながらでも増毛や植毛は行えますので、増毛や植毛を実践する代わりにAGA治療薬の服用をやめるケースも出ています。
移植毛はAGAの影響を受けないこともあって、増毛や植毛を駆使すれば、薄毛の悩みを解消できる可能性は高くなります。

とはいえ、移植毛ではない元々の髪ではAGAの進行が続きますし、増毛や植毛の後にもAGA治療薬の服用が推奨されます。
移植毛だけが残る事態を避けたいのなら、AGA治療薬の服用は増毛や植毛の実践にかかわらず、術後も継続していきましょう。

薄毛の原因がAGAで薄毛の進行を防ぎたい場合には、プロペシアやミノタブなどのAGA治療薬を半永久的に服用する必要があります。
AGA治療薬を飲みながらでも増毛や植毛は行えますが、増毛や植毛をしてもAGAの影響は避けられないので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です