植毛手術の術後の痛みはどのくらい?植毛方法による痛みの差とは

髪の悩みで植毛手術を検討する人も多いですが、痛みに関する不安が大きい人もいるのではないでしょうか。
今回は植毛の方法などと合わせて見ていきましょう。

植毛方法と言えば、FUT法とFUE法の二種類があります。

ポピュラーなタイプはFUT法であり、自毛植毛の施術方法であり、ドナーの頭皮を部分切除して株分けをした後、薄毛部分に移植をします。
メスを使うため、どうしても大なり小なり身体へのダメージがあることを覚えておきましょう。

十分な密度を確保するためには、1回の治療ではなく複数回行う場合もあります。
治療中は頭皮に麻酔を使うので痛みがありませんが、麻酔が切れた後に痛みを感じる人が多いです。
メスを使う手術をしていることもあり、完全回復までには時間がかかります。

麻酔によって抑えられていた痛みが一気に押し寄せてくる人もいるようです。
痛みについては個人差がありますが、手術をする以上、痛みを感じない方法はないと考えておきましょう。

痛みを強く感じる人が多いFUT法と比較して、FUE法は細いパンチを使って毛包を採取します。
そのため、FUT法と比較すると、身体にかかる負担は少ないと言えるでしょう。
治療中は麻酔を使うことで痛みを抑えられますし、治療後の痛みもないケースが多いです。

ただ、先述したように痛みは個人差があるので、FUE法でも痛みを感じる人はゼロではありません。
しかし、我慢出来ないほどの痛みではないので安心してください。

FUE法のダウンタイムは、1週間程度を目安にしておけば問題ないと言われています。
治療後すぐに洗髪ができることからも、身体にかかる負担などは少ないことがわかります。

ただ、定着率などはFUT法に適わない部分もあるようです。

痛みに関しては、治療中だけではなく麻酔にも痛みを覚える人がいるようです。
麻酔方法はクリニックによって変わりますが、基本的には局所麻酔をします。
つまり、頭部周辺に麻酔をかけるため、ちくっとした痛みを覚えたという人が多いです。

麻酔については、滅多にありませんが手術中に切れてしまうこともあるようです。
その時は、しっかりと麻酔を追加してもらうようにしましょう。

特に、FUT法の場合は麻酔なしだと我慢出来ない痛みと言われています。
どちらの治療方法が良いのかは、医師としっかり話し合ってから決めましょう。

痛みの少ない治療方法を求める人は、FUE法にしてみましょう。
ダウンタイムが短いことで、日常生活への影響も最小限で済ませることができるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です